Thanks for 10000 DL of Icon Generator

AIR アプリの Icon Generator ですが、Adobe Marketplaceにて10000ダウンロードを超えました(^-^)

Most Popular で確認すると上から13番目。ダウンロード頂いたみなさん、ありがとうございます!

ちなみに AIR 配布で失敗したのは、アクセス数が増えた始めの2ヶ月についてダウンロード数( DL 数)をカウントしていなかったことです。Marketplace では自動的に DL 数をカウントしているのですが、Marketplace に登録するまでは DL 数をカウントする仕組みを実装してませんでした。

AIR のシームレスインストール用の Badge はカスタマイズして Google Analytics と連携できるので、始めから実装しておけばよかったというのが反省です。もし AIR 配布される方がいらっしゃいましたら、私のような失敗をしないように、ぜひ DL 数をカウントすることをオススメします(><)

せっかくなので、セッション数と DL 数の割合からカウントしていなかった時期の DL 数を計算してみると累計(推測値)は 13000〜14000 DL ぐらいとなります。

  • Marketplace に登録後の期間:8/21〜12/24 で 19,586 セッションで 10134 DL
  • カウントしていなかった時期:7/1〜8/20 で 7085 セッション (試算で 3600DL )

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback 3件

  • Tomoki より:

    はじめまして。
    はじめてAirアプリを作ってみて四苦八苦しているものです。(^_^;)

    > AIR のシームレスインストール用の Badge はカスタマイズして Google Analytics と連携できるので
    これって、具体的にはどう実装するのでしょうか?
    ドキュメントを探してみたのですが、どうにも見つけることが出来ませんでして・・・
    お力お貸し下さいm(_ _)m

  • Yasu より:

    はじめまして。
    基本的にはシールレスインストール用の Badge は Flash なので、Flashのボタンクリックとして Analytics を設定させました。

    具体的な方法は、SDKのsampleの中に入っているシームレスインストール用のBadgeで、クラスファイルの「AIRBadge.as」を編集します。その中の関数「onButtonClicked」内に、Google Analyticsにログを残すスクリプトを記入すれば良いと思います。FlashからGoogle Analyticsを扱う方法は次のサイトが参考になると思います。(参考サイト)

    クラスファイルの修正が終わりましたら badge.fla をパブリッシュして、Analyticsを設定したHTMLページに貼付けてみてください。

  • Tomoki より:

    ありがとうございます!

    おかげさまで実装できたようです。
    (Google Analyticsの関係上24時間たたないとわからないのですが・・^^;)

    実は、教えていただくまで、サンプル内のasファイルを全く見ていませんでした・・・

    どうもありがとうございます。