PV3Dで飛行船:SpringCamera3Dを試してみる

Papervision3D の新機能「SpringCamera3D」で飛行船らしきものを作ってみました。これは公式ブログによると物理演算を適用したカメラ機能で、3Dゲームのように滑らかに追随するカメラアングルが使えます。使い方も難しくないので、Papervision3DでFlashゲームを作ろうという方にはオススメな機能です。

AirShip by SpringCamra3D

(デモはステージを一回クリックすると、キーボードの上下左右で動かせます)

  • demo (要Flash Player 10 / 720×480サイズ)
  • lite demo (上のデモが重い場合は 320×240サイズのこちらを試してみてください)
  • src (zip, Flex SDK)

ゲーム風なマップは「void element blog」さんの「ドキッ!変態だらけのActionScript的超絶技巧発表会」のフィールドマップジェネレータから作成させて頂きました。

SpringCamera3Dの使い方

Google Codeにあるアーカイブのリビジョン869から使えるようになっています。

springCamera = new SpringCamera3D();
// 物理演算プロパティーの指定
// 動きの勢い(10〜200ぐらい)
springCamera.mass = 10;
// 摩擦(1〜15ぐらい)
springCamera.damping = 10;
// 動きの固さ(1〜8ぐらい)
springCamera.stiffness = 1;

// カメラの目標点を指定(ターゲットから相対)
springCamera.lookOffset = new Number3D(0, 0, 10);
// カメラの位置を指定(ターゲットから相対)
springCamera.positionOffset = new Number3D(0, 5, -15);

// カメラターゲットを指定
springCamera.target = airShip;

といった感じで、Camera3Dの代わりにSpringCamera3Dを作ります。最後のSpringCamera3Dのターゲットに、追随させたいオブジェクトを指定します。

※プロパティーの詳細はこちらを参考にするととても分かり易いと思います。

またレンダリングする際にはSpringCamera3Dのインスタンスを設定します。

// レンダリング
renderer.renderScene(scene, springCamera, viewport);

他にも面白い使い方があるみたいなので、今度サンプルを作って紹介したいと思います。

参考記事

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback 3件