FLARToolKitで羽ばたく蝶

当ブログは Papervision3D の記事が多いのですが、実は FLARToolKit を試すのは今回が初めて。FLARToolKit は Saqoosha さんが開発された Flash で AR (拡張現実)を扱うための ActionScript 3.0 のライブラリです。

習作は、以前作成した「Papervision3D演出サンプルNo.01:羽ばたく蝶々」の蝶を AR (拡張現実)にいれてみたものです。AR は Web カメラで撮影しているものにリアルタイムで合成されます。つまり、Web カメラがないと試すことができないので、誰でも確認できるように手前で試してみたものを Vimeo にアップしてみました。

AR Butterfly from clockmaker on Vimeo.

初めてということで、スタートガイドを参考に作ってみたのですが、噂通り手軽に試すことができました。習作のソースコードはこちら。

  • src (Flash CS3 形式のfla/asファイル等)

関連記事

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback 5件

  • zin0086 より:

    こんにちは。微妙にお久しぶりです。
    そしてうわさのARですね!
    私もGW期間中に実装してみて会社で発表するという暴挙をかましました。
    やっているタイミングが同じだったのでついコメをば。

  • Yasu より:

    こんにちは、微妙にお久しぶりです!!

    GWというとARをやってた時期は同じですね〜。
    こういう気軽なコメント大歓迎です〜!

  • zin0086 より:

    ちなみにどんなソフトで動画を記録なさったのですか?
    画質がすごくきれいだったので参考までに教えていただければ!

  • Yasu より:

    ソフトはMacのiShowU HDというので、Vimeo用のプリセットをつかって撮ってます。(カメラはMacBookの内蔵カメラです)

    ちょっと値がはるんですが、使い勝手のよいキャプチャソフトですよ〜。

  • zin0086 より:

    ありがとうございます~。
    前向きに検討しますわw