Adobe Creative Suite CS5 (Adobe CS5)が発表されました

ついにAdobe Creative Suite CS5が発表されました。新機能がとんでもなくすごいものもあれば、地味に機能強化され使い易くなったものなど、すべてチェックするのになかなか時間がかかってしまいますね。そこで、少しの時間でチェックできるように、CS5製品群の新機能についてざっくりまとめてみました。

Flash Professinal CS5

公式ページで紹介されている新機能は次のような項目があります。

  • [新規]テキストエンジン(テキストのレイアウト設定が細かく設定できるようになった)
  • [新規]XMLベースのFLAソースファイル(.xfl)
  • [新規]コードスニペットパネル(ASのテンプレート)
  • [強化機能]ActionScriptエディター
  • [強化機能]広範囲のコンテンツ配布
  • [強化機能]Adobe Creative Suiteの統合
  • [新規]Flash Builderとの連携
  • [強化機能]Flash Video編集機能強化
  • [新規]ボーンツール[スプリング(強さと減衰)]
  • [新規]パターン描画ツール

※注:Packager for iPhoneは先日のiPhone OS の件(参考)もあり保留となったようで、掲載されていません。

目玉機能の「Packager for iPhone」が掲載されていないのは残念ですが、それ以外の機能も魅力的なものがたくさんあります。特にASエディターの強化は現場の方々にとって作業効率向上に大きな効果が得られそうで期待大です。特にフレームアクション派の方には大変ありがたい強化機能ではないでしょうか。

なお、Web PremiumにFlash Builder 4 Standard版も同封されることになりました。WindowsユーザーにはFlashDevelopという優れたソフトがあるのでActionScript開発ソフトには不満はなかったかと思いますが、コードエディターの少ないMacユーザーには待望のお知らせだと思います。

また次の記事では、動画でFlash CS5の新機能をチェックすることができます。

Photoshop CS5

「Photoshop CS5」はヤバイ機能ということで紹介されていた「コンテンツに応じた塗り」というのが搭載されています。従来は職人のテクニックで、映り込んだ不要物をパス抜きして消していましたが、手間入らずで機械的に削除するという夢の機能です。

ちなみに選択範囲も従来より簡単に選択できるようになりました。パス抜きと比べての精度が気になるところです。

参考記事

AfterEffects CS5

CS5ではAfter Effectsは64ビット対応されたことで4GB以上のメモリもプロセス単位でも対応し、レンダリングの保持できるフレーム数が増えました。「ロトブラシ」という機能も面白く、手軽なキーストロークで人物を選択できるようです。

After Effects CS5の紹介は、次のファーストインプレッション記事がとてもわかりやすくまとまっています。

Premiere Pro CS5

様々な最新のビデオフォーマットをネイティブ編集できるようになった点と、「Mercury Playback Engine」によりHDや高解像度フッテージのフレームレートを維持できるなど再生パフォーマンスが劇的にあがっている点が目玉なPremiere CS5。最近のデジタル一眼レフカメラの動画撮影についても、ネイティブフォーマットのまま動画編集ができるようです。

どのぐらい快適になるかについてはAdobe 古田氏のブログで紹介されているので、参考くださいませ。

Illustrator CS5

地味に便利になったと思ったのが、イラレCS5。ストロークの幅を調整できる「美しい曲線」とパスの結合などができるようになった「強化された描画機能」は、昔から欲しいと思っていたイラストレーターの方も多いはず。他の新製品に比べると「これぞ!」という目玉機能にかける気がしますが、実際の現場ではありがたいアップグレードなのかと思いました。

DreamWeaver CS5

PHPのカスタムクラスのコードヒント」のコード支援は、DwでPHPを扱う人にはありがたいのではないでしょうか。「BrowserLabとの連携」は、クロスブラウザ対応をより効率よく作業できそうなので、良さそうな機能だと思いました。

発売記念セミナーも

また、発売を記念してAdobe主催のセミナーも開催されるようです。ゲストスピーカーが有名な方々なのでおもしろそうです。東京と大阪で開催されるようなので、ぜひ参加してみては?

購入について

発売日は5/28で、価格は次のニュース記事がまとまっています。

発売日が楽しみですね。

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback %件