wonderfl本でPapervision3D解説を書きました

wonderflを題材としたActionScript 3.0の入門書「ブラウザで無料ではじめるActionScript 3.0 ―It’s a wonderfl world―」が12/18(金)に発売されます。

wonderfl_book-front

この本がユニークなのは、帯でも紹介されている「ウェブとこの本ですぐできる」というポイント。つまりActionScript 3.0を学習するにあたり特別にソフトウェアを購入する必要が無く、誰でも超・低コスト(=本の購入だけ)で学習することができるということです。

続きを読む »

Ustreamで自宅からデスクトップライブを開催するといいかも

091213-ust

Ustreamという海外のライブ中継サービスがあって、各地で行われているFlash系勉強会などがリアルタイムで中継されていることがよくあります。最近、iPhoneからも中継できるようになったとかで、今後発展していくようなサービス。

このUstreamを使って自分のデスクトップを中継し、ソフトウェアの使い方など解説中継をするととてもいい感じだったので紹介を。

続きを読む »

RTMP(FMS 3.5)でBitmapData.drawするときにはまったポイント

たまにはコアなネタも投稿。ActionScript 3.0のBitmapData.drawメソッドで、RTMPのストリーミングビデオ/ライブ映像をキャプチャしようとしてはまったのでメモとしてブログに残しておきます。

続きを読む »

Papervision3D 本のサンプルちら見せ

先日紹介した12月18日(金)発売の書籍「Flash3Dコンテンツ制作のためのPapervision3D入門」には80点のサンプルがありますが、その中からいくつかサンプルをお見せします。もし購入を迷ってる方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければと思います。

091209-0

Line3D – 3D座標に線を描く方法を説明。線やテキストはすべてベクターベース。

続きを読む »

Papervision3Dの入門書を執筆しました

51omh-g4sYL._SL500_AA240_

12月18日(金)発売の「Flash3Dコンテンツ制作のためのPapervision3D入門」という Papervision3D の書籍を執筆しました。

当ブログでは Papervision3D (以下、PV3D) を勉強メモのメインテーマとして何度も取り上げてきましたが、この書籍では、ブログであまり触れていない入門的な内容からライブラリの実用的機能までをほぼ網羅し、最新情報でがっつりとまとめた一冊となっています。

続きを読む »

Papervision3Dの日本語フォーラムができたよ

Papervision3D Forum (日本語)

日本語の PV3D フォーラムが立ち上がったのでお知らせを。Papervision3D Team に Japanese Support というオフィシャルなチームがありまして、活動の一環として日本語フォーラムが立ち上がりました。今まで PV3D のフォーラムは本家の英語のものしかなく日本語で質問できる場が整っていませんでした。日本語フォーラムができたことで、今後は日本語圏でのナレッジベースの蓄積が進んでいくのではと思います。

ちなみに、私は国内の Flash 系フォーラムサイトや QA サイトをフィードリーダーを通して巡回し、PV3D の質問があると率先して返答するようにしていました。フォーラムができたことで、より見落とすことなくチェックしていけるのではと思っています。

フォーラムはユーザー参加型なので、自発的に質問し回答し盛り上がっていければいいですよね。始まったばかりで投稿しづらいかもしれませんが、気負いせずお気軽に投稿くださいませ!

RSS 配信を登録しておくと更新情報のチェックに便利です。

[アンケート結果] ClockMaker Blogへの記事のリクエスト

以前、おこなった[アンケート]ClockMaker Blogへの記事のリクエストの結果をまとめましたのでお知らせします。今回は73名の方にご回答頂きました。ご回答下さった皆様、ありがとうございます。

ClockMaker ブログへの記事要望のアンケート

続きを読む »

書籍「.fla 2」を読んでみました

.fla2

.fla 2 ―Idea of Flash Creation―

もう既に多くの方が読まれているかと思いますが、とても良かったのでブログでも紹介。「.fla2」というFlash界隈でホットなクリエイターらがそれぞれ4つのデモを作ってそれを紹介するという本です。

作品に対してのアプローチや考え方なども紹介されていて、技術的なことを知らなくても読めばモチベーションが高まってくる一冊でした。書籍「.fla」のメンバーとの座談会も入っており、このあたりも意欲的に刺激される内容です。

技術的にも上級者向けの最新技術やロジックを紹介している部分もあり、とても満足する内容でした。最近はブログや勉強会などで簡単に技術的情報を得やすくなってきていますが、ここまで深く掘り下げて紹介しているブログや機会はないので、一つ上のステップに挑戦したい人は読んでみると良い刺激や知識が得られるはずです。

ちなみに新藤さんのセクションで、BetweenAS3のデモ例として私の作品も2点ばかり紹介されてます(ありがとうございます)。Amazonでは結構売り切れだったりするぐらい人気があるそうなので、まだ未読の方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

最後にチラみせを含む、作者陣の関連ブログをまとめてみました。

続きを読む »

FITC Tokyo 2009に行ってきました

FITC Tokyo 2009

いろんな方がすでにレポートをブログにまとめていますが、私も感想をまとめてみたいと思います。

続きを読む »

ライブコーディングに参加しました

091130-live

(当日の会場の様子、写真提供:ll_koba_llさん)
KAYACさんのイベント「ごはんとFlash」のライブコーディングに参加してきました。作ったのはこちら。

作品紹介や当日の感想は以下から。

続きを読む »