[PV3D] リボンの実装方法

090428_112903

3Dのリボンを作るときにアプローチの仕方が勉強になったのでメモ。

行列やクオータニアンを理解した方がスマートだと思うのですが、昔作ったデモが比較的簡単な方法で実装できていたので紹介してみます。

続きを読む »

独立のお知らせ

4月27日をもって3年間働いていたWeb制作会社、マックスマウスを退職しました。

続きを読む »

Base64エンコードを使ってスクリプトの中に画像を埋め込む

[Base64] wonderfl に任意の画像を埋め込む

Base64エンコードとは、画像を文字列に変換する方法のことです(詳しくはWikipedia参照)。文字として画像を扱えるので、たとえば次のようなことが試すことができます。

続きを読む »

[Flashの高速化を試す]BitmapDataを配列に格納することで2〜3倍の高速化

090425_arrow

3Dのパーティクルに被写界深度をつけてみた」で紹介した Flash で被写界深度表現を高速化する常套手段ですが、もっと身近で実用しやすい例で試してみました。500〜1000個ぐらいの矢印がランダムに動き回ります。

前者は矢印のシェイプをもったインスタンスが動き回るデモで私の環境では500個でfps30程度、後者は矢印のシェイプをプレレンダリングしたデモで1000個でfps50程度でてます。具体的な数字にしずらいのですが、単純に言ってしまえば2〜3倍くらいは高速化しています。(※当方の環境は Mac OS X 10.5, iMac, Core Duo 2GHz, Memory 2GB, Windowsだともっと早いです)

続きを読む »

Flashで作る AIRアプリケーション レシピブック

Web Designing での連載記事をもとに大幅に加筆されたAIRの入門書。読み終えたのですが、感想はかなり良かったです!
続きを読む »

3Dのパーティクルに被写界深度をつけてみた

090424_particle

続きまくるパーティクルネタ。先日の「パーティクルを3Dで動かしてみたよ」の応用版で被写界深度のエフェクトを加えてみました。

続きを読む »

Flashで残像エフェクト (フレームアクションで簡単に)

090422_zanzou

パーティクルのネタから閑話休題。Flash で残像エフェクトの作り方です。今回はクラスベースではなくて、タイムラインアニメーション向けに fla を作ってみました。作り方を知りたい方は fla をどうぞ。スクリプトは10行ぐらいでできます。

続きを読む »

[Photoshop] px 指定でオブジェクトを配置する

もしかしたら知ってる人は多いかもしれませんが、目から鱗だったのでメモ。PhotoshopでもFlashのようにpx指定してベクターシェイプを配置することができたのですね。

今まで知らずに8年間くらいPhotoshopを使っていたことになり悔しかったので、デスクトップキャプチャーしておきました。


[Photoshop] edit “px” format from clockmaker on Vimeo.

これでPhotoshopで微妙な位置に配置することで発生するアンチエイリアスを防げたり、Flashに読み込んだときにいちいち整数座標化する必要がなくなります。
続きを読む »

パーティクルを3Dで動かしてみたよ

3D Flow Simulation

懲りずにパーティクルネタ。今日は流体パーティクルを3次元化してみました。

3D Flow Simulation | wonderfl build flash online

今まではパーティクルの数が万単位でしたが、今回は 3D にするにあたって 500 まで減らしました。検討したロジックを箇条書きにしてみるとこんな感じです。

続きを読む »

wonderflのパーティクル祭をグラフにしてみたよ

Interactive Liquid 10000

先日の「最速flash研究会をwonderflで」という記事でwonderflでパーティクル祭が行われていることをブログで紹介しましたが、フォークの連鎖がとても勉強になり面白かったので、ツリーグラフにまとめてみました。

090420_particle

続きを読む »