PV3DのQuadTreeを試してみました

Papervision3Dのブログに紹介されていたQuadTreeを試してみました。QuadTreeとは衝突部分のポリゴン欠けが回避できる新機能です。デモではステージをクリックすることでレンダリングエンジンの切り替え比較ができます。

  • demo (require Flash Player 9)
  • src (reqire PV3D revision 759)

続きを読む »

Flash Player 10ではwmode=opaqueが不要

Flash Player 10になって気のせいか通常のFlashの処理落ちが目立たなくなった気がしていました。そこでFlasherなら一度は目にしたことがあるであろうFLASHのFPSを正常に – 3ping.orgのサンプルで試してみました。

続きを読む »

Labsのデモ一覧を作りました

ブログだと過去のサンプルが埋もれしまっているので、今まで作ったデモやサンプルが一覧できる別館(ClockMaker Labs)を作りました。今後もデモを作ったら更新していくつもりですのでぜひご利用ください。

続きを読む »

Flash Player 10時代のバージョン判定

満を持して登場したFlash Player 10ですが、一部のサイトでバージョン検知がうまくいかずチラホラFlashが見れない事象が発生しています。こちらの多くはバージョン判定スクリプトが対応していないことが原因のようです。そこで今時なバージョン判定方法を調べてみました。

続きを読む »

公式リリースされたFlash Player 10の新機能を試せる20本のデモ

本日(10/15)、待望のFlash Player 10 (開発コード Astro)の公式リリースが登場しました。前のFlash Player 9から約2年半ぶりのメジャーアップグレードとなります。

新しい機能は公式サイトで紹介されてますが、本ブログではβ版の頃から作られた実際に新機能を体験できる実験的デモを集めてみました。ご覧になる前にFlash Playerを最新にしておくことをお進めします。(開発者向けデバッグプレイヤーはこちらです)

続きを読む »

PV3DでCubeのMaterialListを変更する方法

Papervision3DでMaterialListを使った場合に、テクスチャの更新・変更方法がわからずにつまづいたのでメモ。ネットを探してもほとんど記事がないので、ちょっと困りました。

続きを読む »

as3dmodでうねうね・ゆらゆらな作例3点

前に作ったサンプルこちらに紹介頂きました。いまいち一般的なサイトでの使い道が思いつかないas3dmodですが、ふしぎな魅力を感じてしまううねうねとした表現。3点ほどサンプルを作ってみました。

うねうねする石版

  • demo (require Flash Player 9)
  • src (記事の最後に用意しています)

続きを読む »

Flash Player 10でPV3D上の落書きを保存してみる

papervision3d上で落書きしてみる

最近は本業でなかなか忙しかったので久しぶりの投稿です。そろそろFlash Player 10(Astro)の勉強も再開しなければと思い、新しくなったFileReferenceを題材にサンプルを作ってみました。PV3D上で落書きしたテクスチャをローカルファイルに保存したり、再度読み込んで再編集もできるというものです。

仕様として横1000x縦500pxの画像でぴったり球面に張り付きます。Planet Earth Texture Mapsの低解像度の画像(フリー)がお勧めで、これを使うと地球儀に落書きができます。

続きを読む »

Flash CS4の新機能 日本語でまとめました

9/23 海外のAdobeのサイトでCreative Suite 4(CS4)が発表されました。一通り全ソフトで目を通したのですがここではFlash CS4に絞って新機能を日本語訳にしてまとめてみました。

続きを読む »

Papervision3D演出サンプルNo.04:細切れフォトグラフ

先日のフォトプリントのシンプル版。一枚の画像を細切れにして3D的に見せるサンプルです。ペラ一枚の画像を表示するだけでもPapervision3Dが使える例として、いろんな局面で利用しやすい使い方を考えてみました。

続きを読む »