Web制作者から見たブラウザGoogle Chrome

Googleから登場したオープンソースのブラウザGoogle Chrome(グーグルクローム)を試してみました。一見シンプルなブラウザに見えるGoogle Chrome。Firebugに似た開発用機能やJSベンチマークなどレポートしてみたいと思います。

続きを読む »

AS3でXMLの名前空間を削除する

俗にいう、ActionScript3.0のXMLにおけるNameSpace(名前空間)問題。名前空間を扱うには正攻法でいえばQNameを使う方法デフォルト名前空間などがありますが、バッドノウハウともいえる正規表現で名前空間自体を削除してしまう方法を試してみました。
続きを読む »

SBM Popular Entryのdelicious.comのカウント数を表示する

ブロガーにとってモチベーションを保つライフハック3本柱の一つ、被ブクマ数。私のブログも記事の末尾に表示するようにしていました。

ところが8月上旬のファンキーなドメインのソーシャルブックサービスのdel.icio.usdelicious.comというフツーなドメインに変わってしまい、同時にスクレイピングしていたカウント数が取得されなくなってしまいました。この切なさは【閃光的網站・弛緩複合体 -Review Division-】さんのところで語られているのに通じるものがあります。

私はプラグインのPHPを修正して直してみる事にしました。調べながら修正したので30分、以下の説明があれば10分くらいで使えるようになると思います。

続きを読む »

CubicVRをPapervision3D 2.0で作るPart.03(Sphere編)

Googleストリートビュー的なパノラマVRをPapervision3Dで実現する企画第三弾、いよいよ今回で最終回です。前回は立方体にパノラマ画像を貼り付けましたが、今回は球面にパノラマ画像を貼り付けてみたいと思います。まずはデモの紹介から。

続きを読む »

私の写真が2ch系風景写真まとめ記事に載ってた件について

たまたまはてブの人気記事であんそく これより壮大なスケールの画像ってあるの?を見ていたら、昔自分が撮影した写真がアップされていてびっくりしました。どなたかが私のFlickrの写真からDLしていたものをアップしたのでしょうか。

続きを読む »

いろいろバージョンアップ

今月末になってAS3.0関連のグッズがバージョンアップしてきたので、全部一斉にアップグレードしてみました。

  1. FlashDevelop beta 8
  2. Papervision3D 2.0のベータ版アーカイブ
  3. Flex SDK 3.1

特に今後はPapervision3D 2.0 alpha(Greate White)はGoogle Codeにアップされたアーカイブ版をベースに作っていきたいと思います。というのは、モーショングラフィックスメインの人で、PV3Dやりたい人の大半はきっとSVNクライアント自体をインストールするのが面倒だと思うので。

Papervision3D演出サンプルNo.02:打ち上げ花火

もう夏も終わろうとしていますが、Papervision3D 2.0 alphaで打ち上げ花火(Fireworks)を作ってみました。せっかくなので打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?をやっています(クリックでアングル切り替えられます)。

  • demo (require Flash Player 9)
  • source (require PV3D 2.0 alpha, 08/08/08)

続きを読む »

AIR MarketplaceにIcon Generatorが載ったよ

Icon Generator on AIR Marketplace

大変嬉しい事に、AIRギャラリーの海外版にあたるAdobe AIR Marketplaceで私の制作したIcon Generatorが掲載されました!

続きを読む »

Papervision3D演出サンプルNo.01:羽ばたく蝶々

080818_pv3d_butterfly1

ライブラリ「Papervision3D 2.0」を利用して、スクリプトで羽ばたく蝶を作ってみました。ポイントは三角関数を使ってループ処理しているのと、PV3D 2.0新機能の反射を使っているところです。ということで以下、作り方の紹介です。

  • Demo (require Flash Player9)
  • Source (require PV3D 2.0)

続きを読む »

CubicVRをPapervision3D 2.0で作るPart.02(Cube編)

QuickTime VR(QTVR)のような360度パノラマ表現をFlashとPapervision3Dを使って作成しました。先日はVR表現のもとになる素材画像(Cube Face)がなく断念したCubicVRですが、素材の作成方法がわかりましたのでそれも紹介します。

続きを読む »