Flash CS5の数値入力みたいなコンポーネントを作ってみた

Flash CS4から搭載された数値入力のインターフェースが直感的で使いやすくて便利なので、Flashでコンポーネントを作ってみました。このインターフェースは従来のコンポーネントと比較して、次のような点で優れています。

  • キーボードを使わずに値を変更できる
  • 直接入力にも対応しているので、任意の値へ調整できる
  • 場所を取らない

動作サンプルはこちらから。

作ってみて、思った以上にいい感じで動作するので、先日作ったAIRアプリ「Easing Generator」に組み込んでみようかと思います。使い方やソースコードは以下から。

使い方

使い方はいたって簡単でこんな感じです。

var label = new DraggableTextInput();
label.minimum = -100; // 最小値
label.maximum = 100; // 最大値
label.value = 0; // 値
label.snapInterval = 1; // 変更時のステップサイズ
label.addEventListener(Event.CHANGE, _onChange);
addChild(label);

// 値が変更されたとき
function _onChange(event:Event):void {
    trace(label.value);
}

MITライセンス(個人・商用利用は無償)でwonderflに投稿しているので、ご自由にお使い下さいませ。

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加