「ActionScript3.0開発のためのFlashDevelop完全ガイド」という本を執筆しました

無料のActionScript開発ソフト「FlashDevelop(フラッシュ・デベロップ)」の書籍を執筆しました。

  • ページ数:304ページ
  • 出版社: 技術評論社
  • 発売日: 2010/7/9

FlashDevelopは当ブログでも何度か紹介していますが、これとAdobeがオープンソースで提供しているFlex SDKがあれば、お手軽かつ無料でFlashを作ることができます。

ただ、FlashDevelopを手に入れてもその後どのように使いこなせばいいのか、という情報はあまりありませんでした。ユーザーコミュニティーであるFD.jpにもいくつか記事を投稿していますが、今までネットに掲載されていないことも含めて、どこよりも丁寧にまとめることに注力しました。

初心者向けに操作説明やサンプルの作り方、中・上級者向けの使いこなし術、そしてフルFlashサイトの構築術までを網羅して、この一冊で末永く役立つ安心して学習できる「完全ガイド」になっています。

対象読者

主な対象読者は次の通りです。

  • Flash 制作をしているがスクリプトの分量が多くなってきて便利なエディタを探している方
  • Flash ProfessionalとFlashDevelopを連携させて効率よくフル Flash サイトを作りたい方
  • すでに FlashDevelop の利用者で、さらに FlashDevelop を使いこなし制作効率を上げたい方
  • 他言語での開発経験はあるが、Flash には触れたことがなく、Flash開発を検討している方

充実のサンプル

演習課題としてフルFlashサイトを勉強することもできます。フルFlashサイトのサンプルは次のようなもので、実際に公開サイトレベルのものについて考え方からActionScript 3.0での実装テクニックを学習できるようになっています。

一般的な作り方はもちろんのこと、

  • 無償の環境だけ(FlashDevelop単体)でフルFlashサイトを作る方法の解説
  • Flash CS3/CS4/CS5のSWCファイルを使ったうえで、超高速コンパイルでフルFlashサイトを実装する方法の解説

という他の書籍ではあまり触れられていないユニークな作り方も含まれています。前にSpark勉強会で紹介しましたが、 ActionScriptフレームワークを使ったサイト開発の場合は、Flex SDKを用いた高速コンパイルの利用は今後、増えてくるのではと考えています。(経験として、スクリプトが数万行レベルのプロジェクトだと、Flash Professionalのコンパイルでは時間がかかりすぎて開発に向かない。)

こういった今後重要になってくるであろう開発手法ももれなく掲載しています。

執筆者について

執筆陣は、FlashDevelop(FD)のバージョンアップ情報をいち早く詳しくまとめていることからFDエバンジェリストとも言われている馬鹿全さんと、FD日本語化の功労者で開発メンバーの一人でもあるmatsumosさん、そしてです。3人ともユーザーコミュニティーFD.jpの立ち上げメンバーでもあります(参考)。

こういったメンバーが、ここぞというぐらい力を入れて書いたので、かなりオススメしたい一冊です。

FlashDevelop開発者の Mika 氏と Philippe 氏からも熱いコメントを頂いてます!

発売は7/9から

Amazonでは既に予約が開始されていますので、ぜひご予約くださいませ!

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback 4件