Adobe MAX 2014に参加します

こんにちは、池田です。来週10/6(月)〜10/8(水)にロサンゼルスで開催されるAdobe MAX 2014に行ってきます(アドバンテージツアーで参加します)。今年で参加は4回目になるのですが、私のスケジュールは次のようになっています。主にFlash/HTML5に関することを中心に受講するセッションを選びました。

141003_schedule

特に気になってるセッション

C2407 — General Session Day 1 – Creativity on the Cutting-Edge

基調講演一日目。製品発表とか一番目玉になるイベントです。

S2513 — What’s New in Photoshop CC

フォトショの最新版の話。プロダクトマネージャーのStephen Nielson氏が最新の時短テクニックや機能を紹介してくれるそうです。Adobe MAXで新しいバージョンの発表があるのでしょうか?

S2753 — The Future Is Now: HTML5 Advertising with Flash Professional CC

Flash Pro CCによるHTML5の広告についてのセッション。これは楽しみにしています。

S2616 — What’s New with Brackets, the Code Editor for Web Design

エディターBracketsのセッション。新機能やロードマップ紹介など。

C2408 — General Session Day 2 – Community Inspires Creativity

基調講演二日目。前回MAXの時と同様にクリエイティブのインスピレーション系の講演だと予想されます。世界的に有名なJason Seiler (Digital Illustrator)、Sikha Patra,Lee Hirsch (ドキュメンタリー映画作家)、Ami Vitale(フォトグラファー)らが講演。

S2626 — HTML5 Animation for Web Designers

HTML5, JavaScript, CSS3, web animations, WebGLなどの話とか。Webのアニメーション技術については抑えておきたいのでこれを受講。

S2692 — What’s New and Upcoming in Flash Professional CC

最も楽しみにしているセッション。Flash Pro CCの新機能の紹介とのこと。Adobe MAXで新しいバージョンの発表があるのでしょうか?

S2749 — Master your CSS to Create Expressive Websites with Dreamweaver CC

昔は15個しか覚えなくてよかったCSSが今は300個もCSSの種類を使わなければならない。DreamWeaverがどのように役立つか説明されるとのこと。DreamWeaverも64bit化しましたし、これからDreamWeaverがもしかしたら盛り返してくるかもしれません。

C2409 — MAX Sneak Peeks

アドビの未来の新技術を紹介するカンファレンス。とてもワクワクするおもしろいカンファレンスなのですが、基調講演と違ってSneak Peeksはライブ中継されないと思います。Adobe MAXに参加した人だけが見ることのできる楽しみの時間です。

C2410 — MAX Bash

二日目の夜は祭り。

S2595 — Technology: A Means to an End

Flash界隈なら知らない人がいないであろうThibault Imbert氏のセッションです。現在驚くべき体験を作り出している技術を紹介し、これから何が来るかが語られます。

まとめ

今回のAdobe MAXは今までの開発者向けイベントの性質からクリエイティブの性質へと変わっています。その影響か、開発者向けのセッションが少なくなり、代わりにPhotoshopやAfterEffects、デジタルパブリッシングなどのセッションが増えています。その中でも今もFlash系のセッションを数多く残しているなどFlashテクノロジーに力を入れていることが伺えます。

ところで2013年のAdobe MAXの時はFireworksの今後についての報道が衝撃だったと思いますが、その時に日本では「Fireworksは開発中止」と認識が広がっていました。Adobe MAXの現地では「開発中止ではなく、新規開発が行わなくなっただけ」で継続して提供されるし次のOSにも対応されるという認識でした。この一連の騒動で、現地と日本の温度感がかけ離れていると実感したのですが、このあたりは現地に行ってみないと分からないものです。

※現地にいったプレスやユーザーの記事

今年のAdobe MAXではどのような発表がされるのでしょうか。とても楽しみにしています。

Adobe MAXの様子は私のTwitterFacebookでも逐次お知らせしていく予定ですのでこちらも合わせてフォロー下さいませ。

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加