Papervision3Dでビジュアライザーを作ってみました

gskinner.comのビジュアライザーデモがかっこよすぎたので、ソースをお借りして試してみました。ただそのままだと面白くないので、Papervision3D 2.0(Greate White)の残像効果(BitmapEffectlayer)を使ってアレンジしています。元のデモはFlash Player 10の機能だけで実装されていたので、丸々書き直してPV3D on Flash Player 9で動くようにしたのが当方のデモです。そのあたりの比較も目的の一つでした。

  • demo (要Flash Player 9・音がでるので注意!)
  • src (要PV3D 2.0 beta, Tweener 1.3)
  • ※音はGaradeBandで作ったものSoundBoothで作ったものに変えました

Flashのビジュアライザーといえば

ちょっと古い記事ですが、サウンドスペクトラムを利用した次の記事もお勧めです。今回のデモはスペクトラムを使っていませんが、次の記事ではAS3のスペクトラムを利用したデモが沢山紹介されており、なかなか刺激を受けます。これを見て一度ビジュアライザーを作ってみたかったんですよね(^_^;)

技術的なメモ

以前、打ち上げ花火というデモでBitmapEffectLayerというPV3D 2.0からの機能を試しました。今回はオリジナルのほうでフォグ効果がかかっていたので以前の記事で取り上げたuseOwnContainerを利用して試してみようと思ったのですが、どうもPV3D 2.0のBitmapEffectLayerとuseOwnContainerは相性が悪い様子。結果としてはBitmapEffectLayerがまったく適用されない状態となってしまいました。むむむ、今後の機能拡張に期待です。

関連記事

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback %件