Papervision3D 2.1 の Flash CS3 拡張機能

Papervision3D 2.1をFlash CS3上で簡単に扱えるようになる拡張機能が登場したので試してみました。今回も細かい説明をまとめると大変なので、ビデオキャプチャしています。

Tutorial of Papervision3D v2.1 mxp from clockmaker on Vimeo.

使ってみた感想は以下から。

良かった点

  • Flash IDEから3Dモデルの読み込みができるので、初心者でも容易に扱えるようになる
  • 主な用途は3Dモデルの読み込み(Colladaファイルの読み込み)
  • WYSIWYGなインターフェースなのでスクリプトベースより結果が直感的にわかりやすい

気になった点

  • 設定できる項目が少ないので、スクリプトベースにとってかわることはなさそう
  • パネルのテンプレートスクリプトは現時点ではコンパイルエラーが発生して使えなかった
  • Flash CS4 は対応していない(こちらのバグ)

まとめ

PV3D 2.1では3Dモデルの読み込み機能(Collada関連)が強化されているので、Colladaファイルを手軽に表示したりする分には便利な拡張機能だと思いました。

なお、ローカルで3Dモデルの動作を確認する分には、PV3D Previewerというものもあるので参考までに。

参考リンク

note.x | [Papervision3D]ねぎ振り完了
※ビデオの最中にでてくるColladaデータを拝借しました

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加