Flex と Progression の連携 (FxUG発表資料)

Flex User Group 全国ツアー 2010 東京ファイナルで発表の機会を頂いたので、「Flex と Progression の連携」という題目で発表してきました。

資料はAcrobat.comにアップしていますので、よければご覧くださいませ。

発表資料中のサンプルはこちらからダウンロードできます。

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback 2件

  • takuya084 より:

    わかりやすい資料をありがとうございました。Progressionのシーン機能とViewStack/Stateの違いは気になっているところでした。できればもう少し説明していただけるとありがたいです。

  • Yasu より:

    >takuya084さん
    こんにちは。そのことは当日説明したのですが資料の方に反映してなかったですね。

    ViewStackとStateについては次のフォーラムが参考になります。
    http://www.fxug.net/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=3879

    ViewStackとStateはFlexフレームワークに特化しており、基本的には表示に結びついた制御になっているのが特徴的です。例えばFlexコンポーネントやコンポーネントを表示を制御したりというところです。

    それに対してProgressionのシーンは表示オブジェクトに関連付けなくてもいいところが特徴です。