東芝からFlashが動くAndroidタブレットが正式発表! ついでに各社タブレットの製品情報をまとめてみた

Android 2.2 搭載のタブレットとして、東芝がAndroid タブレットを年内発売することを発表しました。最も注目すべきポイントはOSにAndroid 2.2を採用しておりFlashが動作することです。数カ月前に注目を集めていたAppleのタブレット「iPad」はFlashが動きませんが、Android 2.2のタブレットではPCと同等のFlash Player 10.1(=最新版)でFlashサイトを見ることができます。

価格は399ユーロで、Android 2.2を搭載した端末としては海外輸入で購入するスマートフォン(SIMフリー)よりも低めなので、試しに持ってみたい方としても最適な価格帯かと。

Folio 100の他にもAndroid 2.2の新製品がメーカーから続々と発表されており、今後Androidの分野でFlasherが活躍できるシーンが多くなるのは間違いなさそうです。スマートフォンもそうですが国内販売網が整う今年後半からAndroid市場が盛り上がりそうで、注目しておきたいところです。

タブレットのサイズでFlashコンテンツが動くというのは、ユーザー体験としても夢が広がりますね。

(追記 12月24日)

その後、docomo から購入できる Galaxy Tab を購入しました。次の記事でレポートしていますので、よければ参考ください。

Androidのタブレット製品の情報をまとめました

Androidタブレットの8社14製品の製品情報を資料としてまとめましたので、無料公開します。これはGoogle スプレッドシートを使って、Twitterで募集した有志と共同で編集したものです。

※2010年9月時点の最新情報です。情報のソースを明記していますが、製品情報が正しいかどうかは元のソースを見てご判断ください。

また海外で Android スマートフォンの比較資料もありましたので、URLもお知らせします。

Android の関連記事

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback %件