FlashでStarlingとBox2Dの連携デモ

新年あけましておめでとうございます。年末・年始にFlashのデモを数点ほど作成しましたので紹介したいと思います。

まずは物理演算エンジンBox2DFlashAS3 2.1 alphaとStage3D対応の2D描画フレームワークStarling 1.2を組み合わせたデモです。箱の中で8つの火の玉が回転する感じのものです。パーティクルと物理演算というのは負荷の高い処理になるわけですが、StarlingがGPUを使って高速にパーティクルを描画してくれるため、Box2Dと組み合わせても滑らかに再生することに成功しています。

  • Demo (要Flash Player 11.5)
  • Source (ZIPファイル/Flash Builder用アーカイブ)

こちらは上述のデモのプロトタイプです。パーティクルを使わずStarlingとBox2Dを組み合わせたものです。シンプルなのでソースコードが読みやすいと思います。

  • Demo (要Flash Player 11.5)
  • Source (ZIPファイル/Flash Builder用アーカイブ)

なお、StarlingとBox2Dの連携は野中さんの記事がとてもわかりやすいのでそちらを参考ください。

こういうパーティクル表現はHTML5(canvasタグやCSS3)だと苦手なので、まだまだFlashが便利だなぁと思ったりします。次回は3Dの物理演算表現を紹介したいと思います。

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加