Toolkit for CreateJS 1.2の新機能紹介

Flash ProfessionalからHTML5に書き出す機能であるToolkit for CreateJSの最新版Version 1.2が公開されました。前回のリリースが2012年9月だったので8ヶ月ぶりのバージョンアップとなります。

※追記(2014/01/26) : Flash Professional CC 13.1以降では、拡張機能Toolkit for CreateJSは廃止され、同等の機能が「HTML5 Canvasドキュメント」としてFlash Pro CCに組み込まれました。

今回のバージョンアップにおける新しい機能は、リリースノートや試してみたところによると新しい機能は次の通りです。

  • モーションガイドのサポート
  • マスクのサポート
  • 最新版CreateJSバージョンの利用(EaselJS 0.6.0 / TweenJS 0.4.0 等)
  • ボタンシンボルのサポート
  • JSXに関連するエラーの修正
  • プロパティ名に連番が付与されてしまう問題の修正(参照)

特にモーションガイドやマスクはFlash Proでアニメーションを作る際に非常によく使う機能だったので嬉しい機能追加ではないでしょうか。

取り急ぎ速報でした。また気づいたことがあれば追記したいと思います。

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加