[CaptureSheetMaker] ZIP保存機能を追加

090727_01

先日、公開したProgression拡張機能「CaptureSheetMaker」ですが、私はさっそく実案件に投入しています。

さて、実案件で役立つ機能強化として「ZIP保存」を実装しました。制作現場ではOffice系ソフト(例えばエクセルとパワポ)のユーザーが多いと思いますが、この新機能はドキュメント作成に役立つような画像ファイル保存機能となります。まずはZIP保存がどういうものか、次のサンプルでご確認ください。

  • サンプル (URL先で、右クリックからZIP保存を選択ください)

※ちなみにMacだとZIP解凍がうまくいかないので、Windowsでお試しください。

保存されたZIPの中身

右クリックの[キャプチャしてZIPに保存する]を選択すると、自動巡回キャプチャが開始されます。終了時に任意の場所にファイルを保存することで、全画面キャプチャ画像入りのZIPファイルを作ることができます。

キャプチャシートメーカーでZIP保存

非圧縮のPNG24形式で等倍保存なので、まったく画質は劣化していないため、いろんなケースに利用しやすいと思います。

今回のバージョンアップは他にもたくさん

その他、不具合や画質向上など結構ボリュームの大きいアップデートをしましたので、以前のバージョンをお使いの方はぜひ新バージョンをご利用ください。

マイナーアップデートなので特に実装方法・使い方に変更はありません。実装方法はAdobe Developer Centerで詳しく紹介していますので、ぜひこちらもご参考ください。

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback 2件

  • 通りすがり より:

    はじめまして
    便利そうなのでDLさせていただこうと思ったら
    リンク切れのようです。

    以上、ご報告まで。

  • Yasu より:

    ご指摘ありがとうございます。
    リンク先を確認し、別のURLに切り替えておきました。