Flash Player 11 対応の 3D 物理演算ライブラリ「AwayPhysics」

Flash Player 11 対応の 3D 物理演算ライブラリ「AwayPhysics」を使ってデモを作ってみました。AwayPhysics は名前のとおり Away3D 4.0 alpha (Stage3D版) 対応の物理演算エンジンで、今までの3D物理演算ライブラリよりも高速に動作します。

[立方体バージョン 100個]

[球体バージョン 100個]

以前「ActionScript 3.0 での 3D 物理演算ライブラリjiglibflash」という記事で JigLib を紹介したことがありましたが、次の記事によると jiglib よりも AwayPhysics のほうが高速とのこと。JigLib と AwayPhysics との比較デモが紹介されています。

冒頭のデモは、note.xさんの次の記事と比較すると JigLib (Flash Player 10 向け)との動作速度の違いが掴めるかも。

AwayPhysics は業界標準の Bullet エンジンを Alchemy (アルケミー)で固めており、API は JibLib に似たものになっているため今まで 3D で物理演算をやっていた方にとっては比較的とっつきやすいライブラリです。まだ開発途中なのでAPIに変更があるかもしれませんが、動作速度の点で使い物にならなかった JigLib よりは活路が見いだせそうな気がします。

ちなみにexamplesのデモですが、カーゲームにも利用できるようです。今後のライブラリの発展が楽しみです。

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback %件