Starling Framework 演出サンプル No.01: パーティクル

前回に引き続きGPUを活用したFlash 2Dフレームワーク「Starling (スターリン)」を使って、サンプルを作成しました。某ゲーム機のホーム画面っぽい感じと言われそう!?

波のグラフィックはFrocessingのサンプルを使って、パーティクル部分にStarlingを使いました。こういうものをAndroidのライブ壁紙にしたいなぁと思いつつ、Adobe AIRではライブ壁紙が作れないので、せめてAIRアプリにしてAndroidやiPhoneに載せて自己満足でもしようと考え中。Stage3Dに対応したAIR 3.xの登場が待ち遠しいです。

なお、サンプルを試す場合はADC (Adobe Developer Connection)のStage3Dコンテンツ制作入門を参考くださいませ。

使用したライブラリ

追記

にゃあプロジェクトのひろゆきさんが、別の方法にて実装されてました!次の記事もぜひ参考にしてみてくださいませ。

関連記事

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加