たった数行のコードでクールなパーティクル表現を実現! Flash Player 11対応の2Dフレームワーク「Starling Framework」

Flash Player 11の新機能Stage3Dですが、上条さんのブログでも紹介されているとおりStage3Dは3Dだけでなく2DでもGPUを使って描画できます。2DにおいてはStarling(スターリン)というフレームワークが存在し、これを使うことで2次元表現でもGPUの圧倒的なパフォーマンスを得ることができます。Adobe MAX 2011で受講したセッションのまとめでも紹介しましたが、Starling FrameworkはAdobe側もフィーチャーしており、今後が期待できるフレームワークの一つと考えて間違いなさそうです。ちなみStarlingについては次の記事が参考になります。

※本記事は2013年9月8日にライブラリのアップデートにあわせて更新しました。

Starlingを使ってみた

前置きが長くなりましたが、私もStarling Frameworkを使って2点のデモを作ってみました。ソースコードも公開しているので、よかったら参考にしてみてくださいませ。

  • demo (要Flash Player 11.8)

  • demo (要Flash Player 11.8)

ソースコード一式

使用したライブラリ

作り方

gotoAndLearn().で紹介されている方法で作ったのですが、スクリプトの分量もかなり短くて簡単に作ることができました。以下、作り方を紹介します。

まずは online particle editor (無料)もしくは Particle Designer を使ってパーティクルを生成します。どちらのアプリも画面の設定項目を弄るだけで自由にパーティクル表現が作れるので、触っていて夢中になってしまいます。最終的にはどちらもXMLで記載されたパーティクル情報ファイル(pexファイル)を出力できるので、それを書きだしておきます。

online particle editorはGUIでパーティクルを作ることのできるオンラインサービス

次にStarlingフレームワークとエクステンションのソースファイルを用意しておきます。

一応テンプレートとなるコードを用意したので、こちらを参考にドキュメントクラスを作っておきます。

上記のGUIエディターで作成したpexファイルとテクスチャをActionScriptに埋め込みます。

[Embed(source = "texture.png")]
private static var ParticleImage:Class;

[Embed(source = "particle.pex", mimeType = "application/octet-stream")]
private static var ParticleData:Class;

パーティクルを自動生成するStarlingエクステンションのPDParticleSystemクラスを使って次のコードを記述します。

particles = new PDParticleSystem(
	XML(new ParticleData()),
	Texture.fromBitmap(new ParticleImage()));

particles.start();
Starling.juggler.add(particles);
addChild(particles);

以上のたったこれだけの手順でクールなパーティクルを作ることができました。

Particle Designerを使えば他にも様々な表現のパーティクルがそのままStarling Frameworkで使えるので色々試してみても楽しいと思います。

▼Particle DesignerはiOS用のパーティクル生成ソフト。このデータがそのままStarling Frameworkにも使える。

最後に

パーティクルは従来の方法(BitmapDataを使う方法)でもさまざまな高速化手法が存在しましたが、Stage3Dを使うとさらにCPUの使用率を下げることができるのが嬉しいポイントです。これからはStage3Dを使ったパーティクル表現が生まれてくるだろうと思うので、今後が楽しみです。

▼パーティクルデモのCPU使用率はたった20%程度

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback 2件