Flash Stage3D対応のAlternativa3D 8がオープンソースに!

相変わらず忙しい日々が続いており、久しぶりのブログの更新になってしまいました。

さて、Flash Player 11 (Stage3D)向けの3Dフレームワーク「Alternativa3D」が本日(2012年3月29日)ついにオープンソースになりました!

記事をざっくり意訳すると次のような内容です。

=====

2012年3月29日はAlternativaPlatform社やあなた方にとって重要なイベントとなりました。6年間、クローズドで開発されてきたFlashの3Dエンジン Alternativa3D8はオープンソースとなりました。ソースコードはGitHubで公開されています。Alternativa3Dのオープンソースの歴史はこれから始まります。私たちは、コミュニティーの支援や様々な言語での様々な著者によって、教育と分析材料が成長して、コンテンツがより速く開発でき、もっと理解しやすくなり、より情報にアクセス可能になるだろうことを願っています。ところで、当社のナレッジベースでナレッジを公開することができます。私たちはエンジンの開発やサポートはこれからも続けていきます。アイデアや提案は歓迎しますので、フォーラムにぜひお寄せください。

アップデートされたライセンスによると、組織または個人が自分に有利なように技術を自由に使用できます。それはAlternativa3Dの開発者としてAlternativaPlatformにロゴや参照リンクなどを設置する必要はありません。上記の場合にもかかわらず、我々は感謝しています。

=====

Alternativa3Dは凄そうだけれどクローズドだしなかなか手を出せない、という方も多かったと思います。今回のオープンソース化によってコンテンツ制作でさらに選択しやすくなったのではないでしょうか。

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback %件