Papervision3D演出サンプルNo.06:フォトプリント改

Papervision3D Photo Print Effect

ひさびさに Papervision3D のネタ。以前「ayato@web」のエフェクトを参考に「フォトプリント」という移植デモを作りましたが、After Effects を利用して改良版を作ってみました。前作と比較してライトバースト(光の筋)の見え方がブラッシュアップでき、AfterEffects ムービーのものに近づいたように思います。

  • demo (要 Flash Player 10)
  • src (Flash CS4 / After Effects CS3プロジェクト同封)

改良点

大きな改良点はライトバーストを ActionScript だけで実装していたのを、After Effects でプレレンダリングした FLV に差し替えた点です。具体的には以下の要領で負荷コストを下げ、描写クオリティーを調整しました。

  • ライトバーストを BitmapData クラスの perlineNoise メソッドを使って ENTER_FRAME で作成していたのを、FLV に差し替え
  • プレレンダリングされているため perlineNoise 分の負荷コストを下げることに成功
  • スクリプトだけで再現しずらかった、ライトバーストのシズルは After Effects のほうで微調整を行った
  • FLV はデコードコストを下げるために Sorenson Spark コーデックを使った(H.264 や On2 VP6 はそこそこ重いので)

考察

  • FLV を使うことで表現にプラスアルファができる
  • FLV を使っているので7秒くらいのモーションに容量が 800KB もあるので実用的かというとそうでもない
  • 前作は海外で紹介されて嬉しかったが( Papervision3D Blog )、コメントが日本語なので注意みたいなことを書かれて残念だったので、今回はコメントは全部英語にしている
  • ちなみに前作は海外から商用案件で使う場合のライセンス確認のメールがきた (ブログで明記していないのであれですが、一応そういうところについて五月蝿いことは言わないスタンスです。使い手(クリエイター)のポリシーに任せます。)

関連記事

投稿者 : 池田 泰延

BookMark

いかがでしたでしょうか、ブックマークはこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment/Trackback 3件